2019年4月13日土曜日

最高に気持ちいスピードを求めて。

圧倒的なスピードを欲するのは昔からで、きっとスピード狂やね。
半世紀も生きれば、ちょっとパドックに寄って休むことも覚えたはず。
でも、気が付いたらピットインするの忘れて、前の車を爆走して追いかけてたり、
後続を引き離すためにコーナーも限界までブレーキ踏まずに突っ込んだりしてる。。。
圧倒的スピードもクラッシュしては意味がない。

スピードを求めるこんな時ほど、これでもかというぐらいにリラックスした時間と空間に身を置くとイイということも知った。
ならば、リラックスした時間と空間で圧倒的なスピードを出せば最高じゃないとなった。
今ここ。