2014年4月2日水曜日

肌で感じること

ビジネスの在り方は、
日々、想定以上のスピードで変化しています。
大企業に有利な状況、中小に有利な状況、個人に有利な状況などなど。
ただどのような状況であっても、一般的なビジネスルールは相変わらずその根底にあり、
ビジネスの基本であり、取引形態なども非常に重要であるのは間違いないのだが、
そこに固執するあまり、大きなビジネスチャンスを逃している企業が多いような気がする。
また、だからこそ誰にでも大きなチャンスがあるのだとも思う。
リスクテイクとリスクヘッジ、いわゆるリスクマネジメントの権限を、
誰がどのレベルまで持つのか、これはどのような企業にとっても重要なことだ。
リスクヘッジばかりでリスクテイクしなかったために、
国内の多くの優良な企業が1年も経てばどん底に叩き込まれている昨今に鑑みれば、
やはりリスクテイクの度合い、見極めが企業の成長以前に、
生き残るために重要な状況なのではなかろうか。

今の自分が置かれている状況、自分の会社の立ち位置や状況を、

「肌で感じる」

こと。

業種業界、自分の主戦場を見極めて、
生き残るための智恵、そして勝ち上がるための智恵と胆力を身に付けたいものだ。
ということで、今日も桜を横目に見ながら、
智恵を付け胆力を付ける修行に出るとします。

Passion lives here.