2010年6月2日水曜日

上海ストーリー(2)

5月6日
羽田→虹橋

上海に着いてまずびっくり!
なんでこんな静かになってんの!?
タクシーのけたたましいクラクションの音、
秩序なく、ごちゃごちゃに集まっている車、
全くなくなっていた。

感想、「めっちゃ、ちゃんとしてるやん」

タクシーに乗って宿泊するホテルへまずチェックイン。
これまた「綺麗やんか」。

僕の知る上海は何処へ?

この日は同行していた某IT企業のT社長がアテンドをしてくれた方々と、
上海の日系企業および現地の企業様回り。

僕らを最初に迎えてくれたのは、
日本でも有名な某IT企業が上海進出にあたり、
社長の一声でこの地に送り込まれたM君。
約2年前に。
もちろん言葉も文化も全くわからないまま上海に来て、
既に中国語はペラペラ、もちろん日本語もペラペラです。
最初の僕からの一言は「現地の方ですか?」だった。
諸々の話をして、
中国でTVショッピングをしている企業様へ。
ローカル局を含めガンガン買いまくってます。
韓国人、中国人、日本人のアジア仲良し3人組が作った会社で、
上場を目指しているとのこと。
日本企業も出資をしてたりします。
日本では聞けない情報がテンコ盛り。

この社長様が以前に勤めていた日系企業があるのですが、
そこが作ったサービスに対抗するために、
ライバル企業があらたなサービスを大連にて立ち上げようと、
8年ほど前に大掛かりなプロジェクトを立ち上げた。
実はそのプロジェクトの中のWebサービスの開発を弊社が担当させて頂いていたりする。
なんともご縁があるようで。
こうなると敵も味方も関係なしだ。
そもそも僕は協業大好き人間だ。
人間一人ではなんもできませんからね。

なんだかんだとしている間に夕食の時間に。
虹橋(ホンチャオ)の中華料理屋さんへ。

相変わらず情緒のある町だな~上海

次々とお料理出てきて、
これまた何を食べても美味しいのだ。
満腹中枢をある程度満たし、
さらにディープな上海の街へ移動。
用意されていたお店は・・・。
楽しいです!
且つ話が盛り上がります!
熱いです!
上海最高でーす!
このノリは以前と変わらずです。
上海に来た時は常にハイテンションで、
日本のバブル期に学生だった僕としては、
なんとも居心地が良かったりします。
以前と一つだけ違うのは「色んな事が洗練された」ということです。
この気付きは大きいです。

という感じで初日の上海ナイトはお開きです。
もちろん、もうすぐ朝です。
ガンガンに飛ばした初日でした。

明日は上海万博へ。

つづく・・・。