2010年3月31日水曜日

年度末です!

今日は年度末。
来期に向けて物流アウトソーシングである、
「はぴロジ」の仕込をこの3ヶ月間で集中的にやってきましたが、
ECに必要なこと、物流に必要なこと、そして働く人に求められること、
いっぱい動いた分だけ僕含め、弊社のスタッフは良く理解できたと思う。

なぜ今、僕らの「はぴロジ」にニーズが出始めたのか?

このサービスを生み出そうとなぜ思ったのか?

これを忘れないようにしたいと思う。

「はぴロジ」というサービスが「オンリーワン」とお客様から言って頂ける理由、
パートナーから「こんなサービスなかった!」と言って頂ける理由、
今のこの気持ちを忘れずに、
常により良いサービス、
常に最高のサービスを提供できるように、
システムはもちろんですが、人間としても成長し続けたいと思います。
先日のお客様との懇親会で、
お客様から、とてもうれしい話を聞かせて頂いた。

「1年前は、はぴロジの導入を検討していましたが、
今では、はぴロジ無しではビジネスがまわらない」と。

「はぴロジ」事業の誕生は、
誰にも真似出来ないビジネスを作ろうというところから始まった。
でも、その種は15年以上前に既に僕は持っていた。
後は世に出すタイミングだけだった。
3年前から本格的に「はぴロジの種」にみんなで水をやり、
肥料をやり、日に当て少しずつ育ててきた。
BWスタッフだけでなく、
お客様にも協力をして頂きながら育ててきた。
そして今期、ついにその芽が出始めた。
この芽がどんな花を咲かせ、どんな実をつけるのか、
そんなことを考え出すと、本当にワクワクしてくる。
「はぴロジ」が関わる全ての方々に幸せを届けれるような、
そんなビジネスになってくれればと思っています。

今日のこの日にこのブログを書ける事、
みなさんに感謝したいと思います。

来期はBW史上で最もエキサイティングな年になるかと思います。
気を引き締めて突っ走る1年にしたいと思いますので、
今期以上にご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い致します。

1年間ありがとうございました!


2010年3月29日月曜日

やっぱり時間は大事

お互いのことを理解し、
相手の立場になって物事を考えれる人や会社と一緒に仕事ができると、
本当に気持ちよく何もかもが進む。
結果、無駄なコスト、人にとって最も貴重な資産である時間も無駄に使わなくて済む。
無駄な時間と投資の時間は全く違うんだな~。
でも今は無駄と感じることでも、
後になってその経験は生きてくることもある。

人生に無駄は無し!

今期も残すところ2日となりました。
予定では面白いことがテンコ盛りの2日間なので、
今期を良い形で締め括りたいと思います。

「継続は力なり」

うっす!


2010年3月28日日曜日

見えない力

強く物事を思ったり、
何かを口にすると、
その出来事が実際に起こったりする。
思念、言霊。。。

今日の夜、新幹線でびっくりするような出会いがあった。
その場所で、その時間に、僕と会う確立は?
検討もツカナイ・・・。
最近、僕の周りで以前にも増して、これが多いんだよな・・・。

人間にはきっとまだまだ理解できない、
とてつもなく凄い潜在能力があるのではないかと思う。
理解できないではなく、
理解していたのに忘れてしまった能力があるのではないだろうか。

現代は科学が進歩して、
その人間が持っていた基本能力を忘れているのではないか?
なんて思ったりする。

東京に向う新幹線の中で、
知らない間に眠ってしまっていたんだけど、
面白い夢を見た。
眠っていた時間は数分だけど、非常に面白い夢だった。
これからの人生になんだか解らないけど、
影響を与える考え方を見せて貰った気がする。

明日からの一日一日が、
とても明るく、楽しいものに感じられる、
そんな視点を「思い出した」夜になった。


2010年3月23日火曜日

そこにもある!

ちょっと考えてみると・・・「奇跡だ!」なんて大袈裟に言わなくても、
日々、奇跡が起きていることに気付く。

しかも自分の周りの人であったり、
あるいは自分自身にも日々、奇跡が起こっていたりする。

なんでこんなところで、この人と出会うんだろう!

このタイミングで電話があるなんて!

こんなに何もかもうまく行くなんて!

何気ない日常にも奇跡はガンガン起きてます。
それに気付くと、ちょっと幸せな気分になったりしますよね。

こんな時代ですから、
自ら奇跡に気付き、
みなさんも奇跡を体験してみてはどうかと思います。

奇跡を起こす第一歩は、
正に一歩を踏み出し、
動き出すことからはじまるのではないでしょうか。

奇跡を身近に感じた一日でした。

PS
子供の英語の勉強にと思って、
NHKで放送されていたリトルチャロのDVDを購入して、
僕も見たのですが、
英語の勉強というか、
感動で涙です・・・(T_T)

でも、子供達の耳にはびっくりです。
僕も、もう一度子供達のような聴力が欲しい・・・。


2010年3月19日金曜日

一人じゃない!

人間、常に誰かのお世話になって生きてるんだと、
あらためて実感した夜だった。

僕は小学校のころリトルリーグで野球をしていた。
この頃から、チームで一つの目的に向かって力を合わせてがんばることが好きだった。
キャプテンをしていたこともあり、
なんかわからないけど、小さいながらに色んな責任を勝手に背負っていたような気がする。
常に相手の動きを読んだり、
戦略を立てたり、仲間同士でのサインプレーがあったりと、
野球は組織で必要なことを全て教えてくれたような気がする。

一人はみんなのために、みんなは一人のために。

誰かが僕に何かを期待してくれるなら、
その期待に僕は応えたいと思う。
期待を裏切り、信頼を裏切ることもあるかもしれないが、
僕のために生きてくれている誰かがいる限り、
僕は全力で生きたいと思う。

自分らしく生きること、
少しだけ、分かった気がした。

さあ、走ろう!