2009年4月28日火曜日

魂の密度

今日の出会いは奇跡の出会いだった。
書くと超長くなるので、
割愛させてもらいますが、
信じられないけど本当の話。

キーワードは「志」だった。

100万回会っても心が通い合わない相手もいれば、
ほんの数秒でずっと一緒にいたような錯覚を覚える時もある。

人との関係は回数でなく、
密度なんだと思う。
またその密度は意図的に生み出されるものではないと思う。
ある人と心を通わせた時に、
その人からなんらかのモノを貰って、
自分に足りないモノを自分の魂の部分に取り込んでいく。

この感覚分かりますか?

それによって自分の密度が濃くなり、
そしてそれが分裂をはじめて、
さらに濃くなる。
もちろん相手にもそのモノを返すことになる。
これは回数ではないです。
輸血できる相手かどうかに似ているかもしれません。

本を100冊読むなら、
10冊読んで、
僕は90冊の本を読む時間を人と会う時間にするだろう。
これは年齢的なものも関係しているかもしれませんね。
若い時はもっと本を読んで、
その後に多くの人と会う方が良いのかもしれません。

僕の年齢でも本から学ぶべきことは沢山ある。
でも僕は人から学ぶ時間を大事にしたい。

「人にとって最も貴重なリソースは時間」

あらためてそう思う。

自分がどんな時間を過ごすかは自由です。
ならば自分の密度を濃くしてくれる相手との時間を大事にしたい。
僕もそういう年齢になったんだと感じる夜だった。


2009年4月27日月曜日

すげぇ~!

今年になって僕を刺激し続けてる奴がいてます。
あげくベンチマークしてるとか言われてます・・・。

プレッシャーかけてくるよな~。

でも互いに力を合わせて上を目指してるので、
とても心地よいですね。

しかも次から次にとんでもない人を連れて来ます。
先日も某社のある社長を紹介されました。
会う前から僕もワクワクでしたが、
期待通りの方でした。
もっと言えば、それ以上かも。。。
とんでもなくグローバルで、
僕よりも若い社長ですが、
思いっきり目を覚まされた気がします。

しかも、
あつかましくも会ったその日に自宅にまでお邪魔させて頂きました。
その人柄、なんとも言えない雰囲気、そりゃーデカクなるわな。

僕、覚醒中です。


ドン!

一言で人との繋がりを実感できる瞬間、
みなさんはそんな経験ないですか。

先日、ある方から一通のお手紙を頂きました。
そこには一言だけ書かれていました。

「一期一会」

しばらく僕はその文字を見続けていました。

僕の胸に「ドン!」と来ました。

なんとも言えない書体で書かれたこの言葉で、
僕の心のあるスイッチが入りました。

人の人生が短いか長いかは個人の感じ方ですが、
生きている間に自分に強烈にインパクトを与えてくれて、
生き方や考え方を変えてくれるような人との出会い、
そんなにないと思います。

この言葉を送って頂いたおかげで、
僕が最近、
とんでもない過ちをしてしまったことを気付かせて頂きました。

転んで転んで人は成長するもんです。
ただそれに付き合ってくれる広い心を持った方に、
本当に心からの感謝をしなければ、
その成長は単なる独りよがりの自己満足に過ぎないと思います。

その感謝をどう表現すれば良いのか?

僕ができることを精一杯するだけですね。

なぜならそれ以外、
今の僕には答えが見当たりませんから。

決して逃げないこと。
逃げると間違いなく、
その道に後悔を残すことになるはず。

真っ直ぐに行きます!

僕の人生、

雲上の万歩計ですから。。。


2009年4月22日水曜日

視界良好。。。

先日、お世話になっている方からのご紹介で知り合った方と、
食事をご一緒させて頂いた。

その時の会話の中で、
今の僕の行動を自分自身が知る上で、
とても明確な答えを見つけることができた。

「なぜその仕事をするのか?」と問われ、
もちろん「思いがあるからです」と答える。
たったこれだけですが、
僕はとても晴れやかな気分になった。

「思い」=「信念」と僕はどこかでそう思っていたような気がする。

でもこの方と話をして、
「思い」は「思い」であり、
僕が持っている「信念」と、
僕が持っている「思い」は別物であることに気付いた。

そう、
「思い」は「プロセス」となり、
「信念」が「ゴール」となった。

園田の視界は良好です。


2009年4月21日火曜日

鎖国解禁

えー、
4月20日付けのブログ「確信犯」が何かと反響があって・・・。
僕が悩んでいるとか、
落ち込んでいるとか、
危ないとか、
男前だとか、
アホちゃうかとか・・・、
色々と心配をしてくださる方がいて、
さらに直接ではないのですが、
間接的にBWスタッフからも心配している方がいることも聞いたので、
ちょっと補足です。

まず、僕は全く心配ない状況です。
ご心配してくださった方々に感謝いたしますと共に、
心配をかけたことをお詫びしておきます。
ごめんなさい。

自分自身への決意表明でもあったりするのですが、
確かに、色んな理由であえて自分を追い込んでいるところがあるかもしれません。
また、信念を持って生きているかどうか自問自答していたり、
自分が目指すべきものを再確認している状況であるのは間違いありません。
今年の僕の動きを見ていてくれれば、
分かると思いますが、
かなり強烈です。

不安がないかと言えば、嘘になると思います。
でも僕が決心し、信念を持ってやろうとしていることを後押ししてくださる方、
またそのために我慢をしてくれる方、
そして僕を支えてくれるBWスタッフやグループ各社の方々のことを考えると、
何一つ迷いなく、僕は行動に移すことができます。
なぜならそこに「我々の未来」があると信じているからです。

今からは僕が今までやったことのない、
また見たことのない世界への挑戦だと思っています。

実は僕は「起業から株式会社に至るまでの軌跡」というタイトルで、
今で言うブログを2001年4月20日に書き始め、
2003年3月31日に書き終えています。

2001年6月8日に書いた「独立」(http://recruit.bwave.co.jp/bw_key/track/track03.html)という文章は、
以下のような出だしです。

1996年7月1日、
フリーとなった私は自分の会社の名前としてブレーンウェ-ブという社名を掲げることにした。
手持ち資金120万円の私に事務所なんて構えられるはずもなく、
またそれほど「独立した」という気持ちもなかったこともあり、
自宅の玄関に手作りの看板を貼り付けました。
ただこの時、何故か遥か先のことまで夢が膨らみ武者震い(?)したのを今も覚えています。

この時に感じたあの感触、
武者震いの理由、「夢」。

僕にはまだまだ続きがあり、
ここから先に進むには、
新しい土台と強い信念が必要なのが分かっています。

だからこそ、行動し、またあのような文章を書いて、
自分自身の闘争心を煽ったのだと言っておきます。

まだまだ理由があるのですが、
書き出すと延々と続きそうなので、
結論です。

鎖国解禁です。


2009年4月20日月曜日

確信犯

何かを手に入れたいと思うならば、
何かを諦めなさい。

誰に教わったのか、
僕自身が経験から学んだのか・・・。
コップいっぱいに水が入っていては、
新しい飲み物が入らないように、
人生も同じようなもんだと考える時がある。

自分の器をでかくしようと思っても、
そんな簡単にはでかくならないし、
てっぺんを目指すと言っても、
どこがてっぺんなんだか、
正直、僕には全く見当もつかない・・・。

生きていれば、
どうしようもない選択を迫られる時がある。
どちらを選んでも、
結果的には最大限の満足を得るどころか、
その時には苦しみや敗北感が残る時がある。

でもこの苦しみ、あるいは敗北感は何のために存在するのか?
間違いなく自分を成長させるため、
あるいはステージを上げるため、
本当に欲しいものを手に入れるために存在しているのだと思う。

もし、この苦しみや敗北感を恐れていたら、
自分が本当に手に入れたいものは手に入らないし、
目指すべき場所に到達することはできないと思う。

あえて心に傷をつけてでも、
忘れてはならないことがある。
その傷がある限り、
そしてその傷が深いほど、
自分が目指すべき場所、
自分が歩まなければならない道を見失うことはない。
あるいは本当に歩むべき道、
目指すべき場所が見えるのかもしれない。

ただ傷つくのは自分だけでない時がある。
自分の大切な人、
自分を慕ってくれる人に、
悲しい思いをさせ、
傷つけてしまうことがあるかもしれない。
もしそれで心が痛むなら、
目指すべき場所へ到達し、
そして手に入れたかったものを手に入れよ。
それをその人に捧げることのみが、
傷を癒してくれるのだと思う。

それができないのであれば、
中途半端に生きればよい。

どのような生き方を選ぶかは、自分次第だ。

僕は中途半端な生き方をするために、
この世で生きてるんじゃない!

今日、この日に吼えておきます。


2009年4月15日水曜日

「はぴロジ」についてのお知らせ

GMOインターネットグループのGMOホスティング & セキュリティ株式会社(代表取締役社長:青山満 以下、GMO-HS)と、
株式会社ブレインウェーブ(代表取締役:園田有希生 以下、ブレインウェーブ)は協業し、
ブレインウェーブが提供するECシステム導入から運用、物流ソリューションをトータルにカバーする「はぴロジ」を、
GMO-HSのホスティングブランド「アイル」のマネージドホスティングサービスにて、
4月15日(水)より提供開始いたします。

BWが展開する「はぴロジ(http://www.happylogi.com/)」のサービス提供としての第一弾です。
GMO-HS様とはこれまでに何度となく打合せをさせて頂き、
既にECを展開されているお客様や、
これからECをされるお客様に、
如何に効率よくお店を運営していただくかなどを考えて、
今回のサービスを作り上げて来ました。

まだ始まったばかりのサービスではありますが、
「はぴロジ」が皆様の幸せの実現に少しでも貢献できれば幸いです。


2009年4月14日火曜日

第13期 上期方針説明会

4月11日、土曜日。
大阪にBWスタッフ全員とグループ各社が集まり、
第13期の上期方針説明会を行いました。

今回は大きな組織変更や人事異動、
またあらたな事業モデルの発表もあり、
かなり刺激的なイベントになりました。

僕自身は最後の総評でかなりの時間を貰っていたので、
これまでの12年間を振り返りながら、
またこの先の10年を見ながら伝えたいことをしっかりと伝えさせて貰いました。

僕が一番伝えたかったことは、
これからのBWは、BW全員が自分の会社を作っていく「気持ち」で、
なんて「考え」でなく、

自分が生涯勤め上げるBWという会社を、
どのような会社にしたいのかを行動で示そう、

ということでした。

みなさん!
13期、行きますよ!



2009年4月6日月曜日

さくら

先日、大阪本社近くの靭公園で花見があった。
毎年恒例の花見だ。

さくらはこの季節に間違いなく咲く。
桜前線が南から日本列島を北に向かって駆け上がってくる。
春の到来を告げる風物詩。

確かに綺麗だ。
ただその美しさが一瞬であるからこそ、
そこに儚さを感じ、
人はその一瞬の美しさに魅了され、
そして次の再会を心待ちにするのだろう。

人はどうだろうか?
強い信念を持って、
「必ずこの季節(時期)に咲いてやる!」と考えている人がどれぐらいいるのだろうか?

花見ぐらいは何も考えずに楽しめば良いと思います。
ただ自然から学べること、
教えられること、
多いと思います。

咲く意志がなければ、
人が花を咲かすことはありません。
花が咲くまでのプロセスはかなり長く険しいかもしれません。
でも途中であきらめたら、
花は一生咲きません。

どんなに時間を費やそうとも、
強い信念を持ち、
知識を得て、そして行動し、経験を積むというこのサイクルを継続し続けること。
これこそが人間が成長し、
花を咲かせるための成長前線なのだろう。

僕がそれなりの年になったからだろうか・・・。
今年のさくらは例年よりもより美しく、そして儚く見えた。
でも間違いなく来年も咲いてみせるという強い信念を感じた。

もちろん僕自身も咲いて見せます!


2009年4月2日木曜日

新サービス、「ヨミガエリ」

本日、新しいサービスをリリースさせて頂きました。
その名も「ヨミガエリ」!
ちょっと怖そうなサービス名ですが・・・。

経験された方は本当に恐ろしい経験をされた方だと思いますが、
ハードディスクのクラッシュや必要なメディアが水に浸かってしまったとか・・・。
僕も経験があります・・・。
ビジネス上でのデータ復旧は正に最後の砦となります。
残念ながら僕もクライアント様からお預かりしていたサーバーがクラッシュして、
ディスクがぶっ飛んでしまい、
何日もお客様との調整や復旧サービス業者とのやり取りで、
徹夜の日々を送った経験があります。
精神的にも肉体的にもとてもキツイ仕事になるんですよね、これ。

そんな経験からも今回の「ヨミガエリ」が、
少しでも皆様の睡眠時間の確保と、
心の安定に寄与できるサービスになるのではないかと考えています。
なおこのサービスを実現するために、
株式会社データ復旧センター (http://www.datadoctor.jp/)と業務提携をさせて頂きました。

データ復旧センターの藤井社長とはとても親しくさせて頂いており、
僕よりも遥かに若い彼に日々、強烈な刺激を頂いております。

プレス内容はこちらです→(http://www.bwave.co.jp/news/news20090402.html)



2009年4月1日水曜日

第13期です。

今日からBWの第13期がはじまりました。
再スタートするつもりで今期は挑みます!

これまでの12年間で積み上げてきた全ての経験を、
この1年間に注ぎ込みたいと思います。

BW全員で全力で走る1年になると思います。
僕も僕自身の個人力をどこまで発揮できるか、
限界ちょっと手前ぐらいまでやってみます!

皆様からのBWに対するお心遣いへの感謝の気持ちを忘れることなく、
精一杯がんばりたいと思いますので、
本年度もよろしくお願い致します。