2008年10月1日水曜日

「はぴロジ」事業がスタートしました!

今日は新事業のお知らせです。

株式会社ブレインウェーブ(代表取締役:園田有希生 以下、ブレインウェーブ)と株式会社富士ロジテック(代表取締役社長:鈴木庸介 以下、富士ロジテック)は協業し、
BtoB、BtoC、BtoEのe-コマースのシステムから物流までをトータルにサポートするサービス「はぴロジ」をリリースいたします。

※BtoB、BtoC、BtoEとは
電子商取引(EC)の形態の一つです。

BtoB------ 企業間の取り引きを指します。
BtoC------ 企業と一般消費者の取り引きを指します。
BtoE------ 企業の福利厚生の一環として、社員向けに物品やサービスなどを市場価格より格安で提供する社員販売制度を指します。

「はぴロジ」を簡単に説明すれば、
すべての物販のシステムから物流、在庫の保管まで、
すべてをアウトソーシングできるサービスです。

僕は創業以来、インターネットでの販売やリアル店舗での販売、
受発注システムなど様々なシステムの開発やコンサルの仕事をさせて頂きました。
どの仕事も最後に大きな問題になるのが物流でした。
ECであれカタログ販売であれ、どのようなビジネスモデルであっても、
小さな取引の時は問題にはならない倉庫の面積や配送も、
事業の拡大と共にそのビジネスを左右するぐらい重要な問題となってきます。
また既に自社で倉庫を持ってビジネスをされている場合でも、
やはり物流に問題を抱えているケースが殆どでした。
そのような時に必要になってくるのは、
システムへの大きな投資、倉庫、物流の人材、資金です。
ビジネスの拡大と同時に非常に大きなリスクを背負うことになります。
特に僕が見てきた限りでは、
今まで物流をしたことのない会社が自分達でやろうとして失敗するケースが非常に多く、
ここをなんとかアウトソーシングできないかということを以前から思っていました。
実は2年前からこのビジネスモデルを考えていたのですが、
BWだけで実現できるほど簡単なビジネスではありませんでした。
そんな時、弊社のクライアントでもある富士ロジテックの鈴木社長からお声掛け頂き、
「はぴロジ」が誕生することになりました。

スピードとクオリティーを要求される今の時代に、
それぞれの分野のプロが協力してこそ、
良いビジネスができるのだと思います。
「はぴロジ」は生まれたばかりの事業でまだまだこれからですが、
システムと物流のプロがアライアンスを組み、
そこにお客様のノウハウを注ぎ込んで実現するサービスです。
皆様のニーズに必ずお応えできるサービスになるものと確信しております。