2008年4月21日月曜日

2008年度 上期方針説明会

4月19日、土曜日に上期の方針説明会がありました。
半期ごとに実施されている方針説明会ですが、
今年はかなりレベルが上がっていました。
大阪・東京の各事業部のマネージャーが大阪本社にて、
全社員の前で発表をするのですが、
今までは発表前に全ての資料に僕が目を通していました。
しかし今回はぶっつけ本番でやって頂きました。
僕が打ち出している今年の「創造と変化」というキーワードに対して、
どのように事業部が動くのか、
会社全体の問題点を各事業部がどのように改善していくのか等々、
それぞれ特色が盛り込まれた内容となっていました。
何よりも全員のステージが以前よりも上がっていることがその発表内容から良く理解できました。
成長し、進歩しているということですね。
創造は破壊であり、破壊が創造である。
今の時代、まず自分自身の固定概念を破壊しなければ創造はないと思います。

僕は総評で「失敗なくして成功なし、常に挑戦する気持ちを持とう!」と言いました。
これは僕自身に言ったような気がします。
今期はこれまで以上に情熱を持って仕事に打ち込む年にしたいと思っています。

「Passion lives here(情熱はここにあり)」

この言葉を掲げてから、色々とBWの周りに変化が出始めました。
顕著なのはBWに面接に来られる方が増えたということです。
これは今までと比べものにならないくらい増えています。
また来られる方はみんな今まで以上にBWに明確な目的を持って面接に来られています。

BWで何をしたいのか?

みんな情熱を持ってやって来きます。
ならば僕はそれ以上の情熱をBWに注ぐように努力し、
みんなの情熱を受け止めたいと思います。

47℃プロジェクトもその一つです。
日本を熱くするプロジェクト。
これについて質問されるようになりました。

「47℃プロジェクトて何?」

日本を熱くするにはどうすれば良いのかを考えました。
また僕自身もスタッフもより熱くなるにはどうすれば?

スタッフは様々な会社の方と交流し、
そこで趣味や仕事の話題で盛り上がっています。
BW(僕)はその場(時間)を提供する役割です。
まだプロジェクトは、はじまったばかりですが凄いスピードで動いています。

僕はつまりBWとして法人としてはどう動くのか?
この質問もありました。
まず僕ですが、
僕の生涯をかけたプロジェクトというか、
50歳以降の園田の生き方をBWのスタッフに見せるプロジェクトにしたいと思っています。
だから今から動きます。
10年後を見据えたプロジェクトです。
BWは様々な会社とコラボレーションして利益を追求します。
つまり色んな会社と利益を追求するプロジェクトが47℃プロジェクトです。
時には合弁会社なども作るかもしれません。
既に動いているプロジェクトもありますし、
オファーを頂き、検討段階に入っているものもあります。
時間は有限ですから、何をどうすべきかをしっかりと考え、
1秒1秒を大事にしたいと思います。

「人にとって最も貴重な資源は?」

と聞かれれば僕は間違いなく「時間」と答えます。

しっかりと利益を上げることが国力を上げることに繋がります。
だから47℃プロジェクトを遂行することで、
少しは日本を熱くするお手伝いができるのではないかと思ってたりします。
システムは今ではどの人にも、どの企業にもなくてはならないモノです。
でもその作り手の人口はどんどん減っています。
だからこそ同業含め、お互いのリソースをうまくシェアする必要があると思っています。
ホントに小さな一歩ですが、

「世界の変革を望むならば、 まず自分自身が変革そのものであれ!」

マハトマ・ガンジー の言葉を実践し、
BWの全員で業界に日本に世界に小さな変革を起こしてみたいと思います。
小さな波が大きな波へ・・・ブレインウェーブの社名の由来の一つです。

創業して12年が経ち、僕自身は今年はリセットの年としています。
初心を忘れずに次の10年への1歩を踏み出したいと思います。