2007年12月10日月曜日

Friends !

予定が押している・・・。
大阪から東京へ向う新幹線にダッシュ!
乗り込む前に、ドトールでアイス黒糖ラテのMサイズをGet!
ご機嫌で新幹線に乗り込みお気に入りのラテを飲もうと袋を開けてみると、

「めっちゃこぼれてる・・・(-_-)」
「袋にストローさして飲んだろか」って思うぐらい、
「めっちゃこぼれてる・・・(-_-)」

カップの中には半分ほどしかラテが残ってなかった。
少しフタが開いていたのだ。
「オラー!」と心の中で店員のお姉さんに叫んでおく。
望みの状態でないとお客様は喜んではくれない・・・(僕も気をつけよっと)。
でもこれほど空しいことないよね。
子供の頃、買って貰ったばかりのソフトクリームを食べようとしたら、
「ベチャッ」とアイスが落ちて空しくコーンだけを握り締めていた経験ないですか?
僕はそれと同じくらい空しく、また腹が立ちました。

「テイクアウトのカップのフタはちゃんと閉めてからお客様に商品を渡しましょう!」
ドトール接客マニュアルに追加項目として提案します。
(既にあるなら実践すべし)

仕方なくアイス黒糖ラテを一気に飲み、
氷を「ガリガリ」とアイス黒糖ラテ味の「ガリガリ君」として食す。
ちょっと得した気分でなんとか怒りを納めることに。

新幹線である雑誌を開くと、
某社の若き社長のインタビューがど~んと載っている。
知っている方を誌面で見るとどうも違和感があるんだな~。
会っている時はお互いに馬鹿なことを言ったりしているので、
凄いと思いつつも、あまりその凄さを実感できなかったりする。
でも記事の内容を見るとやっぱり凄い奴なんだと再認識させられる。
そういう周りの人から刺激を貰って僕もやる気を出せているのではないかと思う。
そんなことを考えながらお決まりの夢の中へ突入である。
目覚めれば横浜だった。

今日は東京出張中のYと丸の内で打合せ。
その後、Yと某社のTとKに会いに某オフィスへ。
二人とも僕が20歳のころからの付き合いである。
とんでもない所にいるもんだと皇居を眺めながら、
女性スタッフが出してくれたコーヒーを頂く。

Yから「今日はT先生からお食事に誘われています」という話を聞き出しているので、
Tに会うなり「今日はお誘いありがとう!、、、で何を食べさせてくれるの?」と僕も飛び入り参加させて貰うことを要望してみる。
「二人で銀座でお鮨を食す予定だったとか・・・」と念押しで確認してみたりする。
Tがお店に確認してくれたところ、
カウンターで2名席しかないとのこと。
僕はすかさず「お鮨でなくていいよ~」とノタマッテオイタ。
結局、銀座で焼き魚を食すことに。

Tはかなり可笑しな奴で、今ではかなり偉い人になっているのだが、
コイツが学生時代にアメリカにバックパッカーで行くと言い出した時、
「ロスでどこか立ち寄れるところを紹介して!」と言われたので、
僕と兄の親友であるY氏がいるある由緒正しき場所で泊まれるように手配をした。
Tがアメリカに旅立って数日後にY氏より僕のところに電話が掛かってきた。
「ゆきお、お前が紹介したTは大丈夫か?安全な奴か?」と・・・。

Tはその場所にシワシワのシャツとサンダル、
髭は伸び放題でまさに行倒れ状態で現われたらしい・・・。
この奇妙な訪問者を最初はY氏他みんなが、かなりヤバイ人物と判断したそうである。
なんとか無事に泊めてもらってTは帰国はしたが、それから数年後にY氏が帰国した時でも、
「あのボロボロの奴は元気か?」と言ったのを今でも覚えている。
Tが登場から宿泊含め、数々の強烈な印象をロスに残して来たのは想像するまでもなかった。
そんなTとご飯を食べながら銀座の夜は更けていきました。

ところでYはTの会社で何をしているのかと言うと、
IT業界というかシステム開発会社ではかなり珍しい業務のITデューデリジェンスをしています。
これができる人材がかなり少ないのですが、
BWにはこの関連のスペシャリストを目指す人材が数名います。
どの人材もフル稼働状態ですが・・・。

TがYに「今日はお鮨を食べに行けなくてごめんね」と言ったのを僕が聞き逃すはずもなく、
「今度こそ鮨にしよう!」とお誘いして貰うことを勝手に約束して自宅にご機嫌で向う僕でした。

こんな夜には、
「スタンドバイミー」
オレゴン州の小さな町キャッスルロックに住む、
4人の少年達の冒険物語。

青春というには若すぎるが、
僕はこの映画を見ると、
小学生時代を鮮烈に思い出す。
そしてベン.E.キングの名曲をうるる(ToT)/~~~な気持ちで口ずさむ、
「When the night has come ~」

旅に出る・・・おやすみなさい・・・。

2007年12月7日金曜日

眺めの良いところに行くべし!

某企業の非常に眺めの良い一室で、
ある方とミーティングをさせて頂いた。
売上高9兆円のこの企業でこのようなポジションに立たれる方は、
ビジネスを達観されているというか、
僅か数分でBWも僕も丸裸にされたような気分にさせられた・・・。
あまりにも世の中の見方が鋭すぎる。
人の器とはこうも違うものなのか。
でも、よくよく話を聞いてみると、
政治経済含め常に現場に足を運び自分で見て聞いて、
今現在の自社の状況や各社とのパワーバランスなどを確認していることが分かった。
結局、できる人はフットワークが良いということである。
仕事のできるできないを何を基準に判断するかであるが、
人間力はもちろんのこと、探究心が旺盛でよく動くことが共通項のようである。
とにかく経験である。
僕もまだまだ動きが足りないかな。
お誘いは受けるのですが、海を越えることに二の足を踏む僕ではありますが、
来年は少し海を越えて色々と視野を広げることもしてみたいと思う1日でした。

「眺めの良いところに立てば、
自然と気持ちはおおらかになり、
見えなかったものが見えてくるものである」


2007年12月5日水曜日

盛り上りました!

本日、日本WEBデザイナーズ協会(http://www.jwda.jp/index.php)の関西支部の設立イベントを行いました。
100名ほどは参加を予定していたのですが、
開始後にもどんどん来場して頂き、
150名以上の方々にご参加頂きました。
また2次会のパーティーにも80名以上の方々にご参加頂き、
皆さんが名刺交換や談笑をする姿を見て、
あたり前ですが、
「大阪にも僕の知らない人達がこんなにも大勢いる」とあらためて実感しました。
また想像以上に活気ある場となりました。

当日は、株式会社エイト(http://www.8design.jp)の西澤明洋氏のセミナー、
百式(http://www.100shiki.com)でお馴染みの田口元氏のセミナーと、
非常に興味深くまた元気を頂ける様なお話を頂戴しました。
熱心にメモを取られる方も大勢いらっしゃいました。

関西圏では本当に珍しい大型のイベントとなり、
まず設立イベントとしては大成功となりました。
これからも関西のWEB業界の活性化と発展に寄与できるようにがんばりたいと思います。

今回の設立はうれしい反面、顧問という立場で関西支部に関ることになり、
非常にプレッシャーを感じることが多々ありました。
正直、縁の下の力持ちになれるようになんとかしなければという思いだけで走り出しました・・・。
ただ関西支部メンバーはみんな熱く惜しみない協力関係でこの日を迎えることができました。
成功させるために会社の関係を越え、各社のスタッフも協力し合い、
激論を交わしながらみんなが真剣に関西のWEB業界について話し合って来ました。
僕はWEB業界に身をおいて12年になりますが、
ここまで真剣に関西について話し合ったことが無かったような気がします。
少し反省です・・・。
大阪で育ち、東京にもオフィスを構えるようになりました。
でもやはり僕は関西人・大阪人です。
どんなに東京で仕事をしても相変わらず関西弁バリバリです。
態度もスタイルもバリバリの関西人だと思います。
最近どこに行っても、「大阪最悪!」、「今の関西経済だめだめですね」と言われることを、
笑って聞けるほどまだ大人でない自分がいることに気付いたのが今回の大役をうけるきっかけでした。
僕がこの業界で培ってきたことが役に立つならば、
惜しみなく協会のご協力をさせて頂き、
関西のWEB業界また日本のWEB業界を盛り上げることに参加できればと思います。

この日を迎えれたことをまずは喜びたいと思います。
関係者の方々はお疲れ様でした。
またご参加頂きました、多くの皆様、
本当にありがとうございました。
今後は毎月、イベントがあると思いますので、
是非ご参加頂き、皆様の交流の場、勉強の場としてご利用頂ければ幸いです。

今後ともよろしくお願い致します。

1月は派手に新年会ですね!

2007年12月3日月曜日

誇り

星野ジャパンが北京オリンピックへの出場を決めました!
いやー日本にとっては熱くとても良い試合でしたね。

政治でも経済でも汚職や偽装等々と、
明るい話題がない昨今のニュースの中、
国全体に少しでも活気を与えてくれる話題を提供してくれた日本チームに感謝です。

監督就任時に「金しかいらない」と言った星野監督。
なかなか勇気のいる発言ですが、
言葉にしなければ思いは伝わりませんし、
自分自身の目標も見えませんからね。
まずはオリンピックに出場しなければ「金」どころではないですから、
本当に凄いプレッシャーが監督にも選手にもあったと思います。
自分にプレッシャーをかける「言葉」を常に言えるようになりたいものです。

「有言実行」

今日のDVDは、
「300(スリーハンドレッド)」
スパルタ軍が圧倒的多数のペルシア軍と戦った“テルモピュライの戦い"
ペルシア軍との決戦に向う途中での会話のシーンが好きだ。
スパルタ軍が「真の戦士」300人の軍隊であることを示すレオニダス。
プロとは何なのかを考える僕としては記憶に残るシーンだ。

誇りを持って戦うことを忘れてはならないと思う今日この頃なのだ。


2007年12月2日日曜日

おめでとう!

ヒルトン東京ベイでT社長の披露宴に出席させて頂いた。
ディズニーランドの近くにある披露宴会場は、
クリスマスシーズンということもあって、
はじまる前からなんだか幸せな気分にしてくれる。

披露宴がはじまり新郎新婦の入場。
T社長はかなり緊張している様子。
奥さんは純白のドレスに身を包み、
本当に幸せそうな笑顔だ。

T社長の仕事関係の方々も多く出席していて、
僕と同じテーブルには上場企業のT社長や、
弊社のパートナー会社でもある某社のT社長もいた。
(ん?イニシャルにするとTからはじまる人が多い・・・。)

僕は新郎のT社長の友人の方々とも交流があって、
ボストンから駆けつけたS君もその一人だ。
S君とは去年、天現寺でお好み焼きを食べて以来かな。
S君はMBA取得のため、ボストン大学へ現在留学中だ。
松坂の試合をかなり見に行ったとのこと。
僕はまだ大リーグを生で見たことがないので、是非見てみたい!
S君がいる間にボストンに行くことを計画してみよう。

しかしT社長の人脈の広さには驚かされました。
T社長は現在、28歳。
僕の28歳と言えば、ブレインウェーブを設立してまだまだこれからの時だった。
僕の28歳の時との比較に意味はないとは言え、凄いの一言。

僕も今でこそ色んな方とご縁を頂くようにはなりましたが、
28歳でこの人脈・・・この先が本当に楽しみなT社長です。
僕もがんばらなければとやる気を頂く時間となりました。

毎年、東京・大阪で仲間とそれぞれの家族も参加して忘年会をしている。
今年の東京ではT社長は奥さんと一緒に参加です。
仲間が幸せになってくれると周りまで幸せになりますね。

いつまでもお幸せに!

今日のDVDは、
「ALWAYS 三丁目の夕日」
昭和33年、東京の下町が舞台。
忘れかけたというか既に忘れ去られてしまったモノがなんであるかを、
この映画によって気付かされる。
今日の夜は号泣だ・・・(T_T)
でも結構、元気を貰える1本なんだ。


2007年12月1日土曜日

攻撃的な守り

12月1日、午前3時30分。
目はパッチリ。
目覚めはティーショットで右へプッシュアウトのOBだった。

今日は某社のS社長、
家族ぐるみでお付き合いをさせて頂いている、
某社のO社長夫妻と千葉県は姉ヶ崎カントリー倶楽部にてラウンド予定。

少し早めのスタートとは言え、早すぎる目覚めだ。
しかも嫌な感じの目覚め方・・・正夢か・・・。
ここ最近、クラブを握れていないので不安があったため、
そのまま夢にその気持ちが出たんだ・・・。
午前6時にO社長が僕のところに迎えに来てくれるまで、
嫌なイメージを払拭するためのシュミレーション。
ゴルフはイメージが大事。
ここ最近、ドライバー、アイアンとも絶不調だった。
今日は以前に1打差でS社長に負けているので、今年最後のリベンジのチャンス。
嫌でも力が入ってしまう。
そんなことを考えているとO社長が到着、いざ決戦の場へ!

良い天気に恵まれ、この時期としては最高のゴルフ日和だ。
S社長も気合いが入っている・・・。
先日お会いしたときになんと78のベストスコアでラウンドしたという話を聞かされた・・・。
僕とは反対に上り調子。

「気持ちを落ち着け、平常心」
軽くパットの練習をしても気持ちが高ぶる。
7時44分、いよいよアウトからスタート。

結果は、またしても1打差でS社長に負けた・・・。
アウトで1打負けていたが、インに入って10番で一気に逆転して、
17番まで2打差で勝っていたのに・・・。

敗因は17番。
守りに入った僕とは反対にS社長は強烈なティーショットで、
左ドッグレッグのミドルホールをショートカットでスタート。
僕は手堅くティーショット。
兎に角、S社長のこのホールの気合いは凄かった。
2打目、僕はなんと痛恨のダフリ。
消極的な気持ちが招いた結果だ。
S社長はティーショットでのショートカットが成功し、短いアプローチを手堅く2オン。
僕は3打目を狙い過ぎて、ピンを大きくオーバー。
S社長のファーストパットもかなりのロングパット。
軽くフック気味。まず1パットはないだろうと自分のラインを読むことに集中していた。
その時、カップに引き寄せられるようにS社長のボールが・・・カラン・・・。
バーディーだ。S社長は大喜びでガッツポーズを連発、僕はかなりのダメージを受けていた。
このパーパットをはずせば、一気に逆転されてしまう。
距離のある下り、ややスライスの嫌でもシビレルようなパッティング。
打ち切れずカップ手前で右へ。ボギーとしてしまった。

1打ビハインドで軽い右ドッグレッグの最終18番。
S社長は乗りに乗って、ティーショットは目の覚めるような1撃で300Y越え・・・。
なんと勝負強い人だ!
僕もここは勝負に出るしかなく、
ここまでは手堅く来たが勝負の18番、フルスイングのティーショット。
少し弾道は高いがあたりは悪くなく今日一番のショットだ。
2打目勝負となったが、ティーショットでS社長には10Yぐらい置いていかれていた。
グリーン左手前から嫌な感じでバンカーが伸びていたので、
ここでも僕は手堅くグリーン右へ2オンとした。
S社長はバンカー越えでピン左へ2オン。
まずはS社長がバーディーパット。これが入ると僕の負けが確定してしまう。
S社長のバーディーパットは少しショートした。
これで僕が決めれてバーディーを取ればなんとかイーブンで終われる。
ピン右横からの3m程のバーディーパット。
少し強気のパッティングでストレートに狙うか、
軽いフックでラインを出すかで迷ったが、
ボール一つカップを外してフックラインで打った。
打った瞬間僕は「入った!」と思った。
打感も良く、狙ったラインへ打てた。
ところが・・・、ボールは正にボール1個分外れてカップの横で止まった。
きれなかった・・・。

またS社長に1打差で負けた。
スコアはアウト41、イン42の83。
S社長はアウト40、イン42の82。
ダボは無かったが、あまりにも消極的なゴルフでありスコアを伸ばしきれなかった。
また勝負どころでも、逃げがあった。

今回のラウンドで大きな教訓を得た。
それは守り方である。
守るという事は逃げる事ではない。
消極的な守りでなく、攻撃的な守りが必要なのだ。
これはビジネスでも同じだ。
守るためには攻めなければならないのだ。

ゴルフから様々なことを学ばして貰っているが、
今回のラウンドは非常に良い学びの場となった。
これがゴルフにもビジネスにも生かせるようになるには、
まだまだ修行が必要です。

感謝!