2007年11月22日木曜日

光の素

寒い・・・。

午前中は資料確認でオフィスで作業。
午後からは某社のT社長と打合せ。
OPTIMAを採用してプロジェクトを進めるとのこと。
このプロジェクトが僕が提案したプロジェクトとシナジーを生むことが分かり、
がっちり握手!

今日の夜は渋谷で某社のN社長と僕の友人のAと食事。
バーカウンターもありワインも飲める良い感じのすき焼のお店にてビジネス談議。
N社長の裏技ビジネスに拍手です。
「儲かる方程式」というのがあるような気がする。
仕事を楽しめ、時間を忘れて没頭している時、
その人が持っているポテンシャルが最大限に発揮される。
その瞬間に「ふと何かに気付くこと」があり、
それがビジネスに繋がれば爆発的に儲ける仕組みが出来上がるのだろう。
強制されたり、興味のないこと、面白くないことからは、
決して儲かる仕組みは生まれないのだと思う。

システム業界では日々技術の進歩があり、
毎日のように同じようなサービスが立ち上がり、
同じような会社が出てくる。
その中にBWが埋没しないために「光」を放つ必要がある。
僕らの「光の素」は実は既にあったりするかもと気付いた夜でした。

今日は光を求めてDVD鑑賞。
「ビッグ」
トム・ハンクスが若い。
12歳の男の子がある日、目ざめたら大人になっていた。
中身は12歳だからこそ気付くことがある。
名言だ・・・。