2007年5月15日火曜日

道標

みなさんは自分の人生を振り返って、
「あの時のことがここで繋がるとは・・・」とか、
「自分の想像も及ばないところで人生は決められているのでは?」とか、
思い当たることはないでしょうか。
僕は最近、このような出来事がとても多くなっています。

自分の人生はもちろん自分で決めていると思いますが、
それでも想像できないようなストーリーがあったりしますよね。
良い事も悪い事も。

BWはかなり以前から継続的に人材採用活動を積極的に行ってきています。
昨日もその関連で大阪本社で取材があったのですが、
その時にBWを起業した理由やその時の気持ちなどを質問されたのですが、
この質問には色んなところで何度も答えていますが、
その都度、その時の気持ちをつい昨日のことのように思い起こす事ができるし、
その時の情景が目に浮かびます。

創業してからはもうすぐ11年になります。
首尾一貫して持っている思いは、

①顧客第一主義
②誠心誠意、誠実であれ
③モノ作りに妥協なし
④フロンティア精神
⑤自己実現

です。

最近はこの五訓の連鎖を説明することも多くなって来ました。
今では僕の五訓からBWの五訓となってきています。
細かいところは省略しますが、実は①=⑤なんですよね。
自分にとっての一番のお客様は自分です。

なぜ自分はこの会社で働いているのか?
なぜ自分は今の勉強をしているのか?
なぜ自分は起業したのか?
なぜ自分は・・・?
などなど考えてみると、自分がやりたいからやっているはずです。

お客様に喜んで頂く為にあるいは何か価値を作り出すことで、
自分自身が楽しく充実した人生が送れるからそれをしているはずですよね。
自己実現をするために、今の全てのことがあるはずです。
誰かを悪く言ったり、何かをいい加減にするということは、
結局は自分の最も重要な「自分」というお客様を粗末に扱っているということです。
「自分」というお客様に満足して貰うのは容易いことではありませんが、
僕は人生の全てを掛けて、
「自分」というお客様に満足して頂けるように日々努力したいと思っています。
勘違いして自分勝手にならないように要注意ですね。
「自分」を納得させるには、
「自分」だけでは実現できませんのでこれを忘れないようにしないと。

一生懸命にして来たことは必ずどこかで「あの時・・・」と思えることに繋がっていくと思います。
人生はドラマと言いますが、本当に良く出来ていると思います。
でも正直、予想不可能ですよね。
だから自分の人生の道標として、「自分」という道標が必要だと思う今日この頃です。
「自分がどこに向いたいのか?」、真剣に考える時間をとってみては如何でしょうか?