2006年12月27日水曜日

共有するためには・・・ですね

忘年会シーズン。
お酒を飲まなくなったので、
連日連夜の忘年会も肝臓にはかなりやさしい忘年会となっており、
今年は体調的には良い感じで終われそう(?)です。

既にかなりの数の忘年会に参加をさせて頂いたのですが、
今年の東京での某社の忘年会はなんだか同窓会のような忘年会となりました。
中には17年ぶりに会うというのもありました。
みんな全く変わっておらず、
一瞬にして10代後半、20代前半に全員が戻っていました。
取り交わされる会話は夢や希望を持って、
日々苦しみながらも目標に突き進んでいたときのことばかりで、
どれも懐かしく、
今日までがんばってきて、この時間をみんなと共有できて良かったと、
しみじみ思いました。
今では国内だけでなく、
海外を飛び回っているような人も結構いる状況です。

その中の一人、Fは公認会計士になりながらも挫折しかけた時がありました。
ちょうどその時、大阪で僕に連絡をくれたFと何度か会って話をし、
その後、Fは僕の前から姿を消しました。
数年後、Fにあったのは東京の上場企業の役員室でした。
なんと彼は劇的な復活をしていました。
ボロボロになり、大阪にはいられないという思いから、
上京し某社を上場させることに力を注ぎ、
某社上場後に独立をしました。
今では自分の会計事務所にスタッフを抱えるようになり、
これからの夢と希望を語ってくれました。

僕は遥か18年ほど前に公認会計士を目指したことがありました。
20歳、大学生の頃でした。
友人と二人で志望動機は別として(ここでは言えません・・・)、
大原簿記専門学校に毎日通い、
かなり一生懸命に3年間程勉強をしたのですが、
残念ながら、試験に合格することはできませんでした。
僕なりに辛い思い、悔しい思いをしましたが、
その時の仲間達とこの歳になって集まれることを自分自身、
誇りに思うし、とてもうれしい気持ちでいっぱいです。
今では一緒に仕事をしている仲間もいます。

がんばったからこそ、
がんばって来たからこそ共有できる時間というは、
これからのパワーに繋がりますよね。
来年は今年よりも少しでもいいのでがんばった年にしたいと思う夜でした。

2006年12月11日月曜日

社員旅行

12月9日、10日、
一泊二日で伊勢に社員旅行に行ってきました!

今回は大阪・東京の合同での社員旅行でした。
大人数でもあったので凄まじく盛り上がりました。
Wiiでのバトルはプロジェクターを使ってスクリーンで熱い戦いとなりました。
テニスにボクシングとかなりハードな運動となり、
筋肉痛になるスタッフも続出でした。
僕はボクシングでの敗者復活戦で念願のWALKMANをゲットしましたー!
うれしい・・・そしてチャンスをくれたKに感謝。
苦節2年、終に。
その後の宴会の状況は・・・としておきます。

くいだおれ旅行と名付けられた今回の旅行でしたが、
初日は雨でしたが、しっかりと松坂牛を食し満足の1日となりました。
2日目は晴天となりとても充実した時間を過ごせました。

ブレイン会の運営事務局のみなさん本当にご苦労様でした。
事故も無く無事に2日間を過ごせました。

感謝!


2006年12月7日木曜日

真剣な時間

今日、少しワケありですが、
久々に真剣に字を書きました。
うまくないけど・・・。

「真剣」に物事に取り組むというのは気持ちの良い時間ですよね。
なんか精神統一というか落ち着いた時間が貰えました。

常に「真剣」では集中力は持続しませんが、
ここ一番の集中力は必要ですから、
「真剣」になる瞬間というかスイッチを自分なりに持てると良いかもしれません。
プロのスポーツ選手は何らかの動作に入る前に、
自分なりのルーチンを持っていますよね。
これが精神を統一して、
集中力を高めていくスイッチになっていたりしますよね。

「真剣」な時間はかなり充実した時間であり、
自分にとっては気持ち良い時間になるはずです。
「真剣な時間」から得られる緊張感は堪らなくイイですよね。

みなさんは最近何かに真剣になったことありますか?


2006年12月5日火曜日

インターン生がやって来た!

昨年度よりインターンの受け入れをするようになりました。
1年は早いもので今年も5名のインターン生が来てくれています。
圧着工具を使ってLANケーブルを作ることから、
サーバー構築、企画と、
3ヶ月間で社会人としてのマナーや基本技術を身に着けるのは大変ですが、
少しでもこれから目指すプロの道に役立てて貰いたいと思います。
またBWスタッフも先輩の社会人として、プロとして、
自分はどうなのかを見直す良い機会にして欲しいと思います。

既に社会に出ている人は、
「初心忘れるべからず」
ですね。

初々しかったころの憧れや夢などを、
この年末に思い出してみて、
来年の活力へと変えてみては如何でしょうか?


2006年12月4日月曜日

こらっ!

某社の専務様より、
ブログの更新が滞っているとお叱りを頂きました。
ありがとうございます!

ありがたいことに僕のブログを楽しみにしてくれている方も、
かなりいらっしゃるようなのでこれからもがんばって続けたいと思います。
少々、滞るときもありますが、
なるべく頻繁に書くように致しますので、
これからもよろしくお願い致します。


2006年12月1日金曜日

製造業ですよね

今日から12月ですね。
例年以上に今年は時間の進み方が早かったな~・・・。
今月もイベントが目白押しなので、
健康管理に気をつけたいところです。

さてさて最近、当社の動き(業務内容)についてよく質問を受けるようになりました。
簡単に纏まらないのですが、
「OPTIMA」を利用してのWebサイト構築やプロダクト開発等々はもちろんですが、
IDC事業によるハウジング・ホスティングサービス、
さらにモバイル関連の開発もさせて頂いています。
また販売管理や会計システムなどかなり業務よりのシステム開発なども関わっていたりします。
我々の業務の基本であるコンサルティング業務は言うまでもありません。
LAMP系開発はもちろんオフコンでの開発もやります。
全てが技術に直結したお仕事ですね。

設立当初より一貫して変わらないのは「モノ作り」をする会社であるということです。
ハード、ソフトは時代によって、
つまり環境は変わりますが、
今後求められるものが何であるかを常に考え、
それを形にする姿勢や思想は変わりませんよね。

最近、僕は「お仕事は?」と聞かれると、
「製造業です」と答えることが増えてきました。
工業製品などを作る製造業と管理手法などは少々(?)違いますが、
企画・設計・開発・製造・テスト・試験運用・実稼動と簡単な流れで言えば、
我々、システム開発会社は製造業に分類されるのではないかと思います。
また製造業の中でも、
特に職人を必要とされる業種です。
つまりBWは職人を育てる人材育成会社でもあります。
システムは最先端などと言われますが、
それは結果であり、
そのプロセスは超アナログですよね。
作り手はすべて「人」であり、
機械がオートメーションで作ってくれることなどあり得ませんから。
何一つ自動化できるものなんてないんですよね、この仕事。
作業を効率化してくれるものはありますが、
やはり「人」が全身全霊を注ぎ込んで作るモノがシステムです。
これからも魂込めたシステムを作りたいと思います。

システム会社に見られない表現だとよく言われます・・・。

忘年会シーズンです、
しっかりと健康管理をして、
2006年の師走をみなさん楽しんでください。