2005年4月30日土曜日

メンタルです・・・

今日は大阪本社のビルのYオーナーさんとゴルフに。
天候にも恵まれ、気分爽快にゴルフ場に。
中国自動車道で渋滞・・・。
焦る・・・。
車の中で、ここから勝負は始まっていると自分に言い聞かせ、
気持ちにゆとりを持たせるように心がける。
ゴルフはメンタルなのだ。
なんとか時間までに到着。
今日はBWからは総務部長のH、営業部のKが参加である。

遅れた僕を横目にHとKが既に練習を終えてクラブハウスへ。
余裕の笑みを浮かべてKが一言。
「あれっ、遅いじゃないですか?、渋滞っすか?」

なんじゃ、この余裕は!
練習で調子が良かったことを物語っているではないか!?
間違いない!
しかし今日はYオーナーも一緒である。
僕以上に老獪な口撃をお持ちである。
僕もなんどとなく、ヤラレテイル一人である。
今日はYオーナーの口撃にKは沈没するはずである。

数ホールを回ったころから、Yオーナーの口撃が激しくなってきた・・・。
来たーーーーーーーーーーーーーっ!
爆撃だーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!
ファーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!
Kのボールが消えていく・・・。
気の毒にも、彼は散って行った・・・。
僕はその間隙をなんとかすり抜けた。
スコアはなかなかでした。
戦略は重要ですね。

日々修行。


2005年4月28日木曜日

ご指名です!

GW前に片付けておくことが多々あり、
故に、朝からガンガン処理・・・できず・・・残念(もう古いね、この言い回し)。

午後は某社の方々が来社。
僕の知り合いの会社のサービス(かなり有名です)を利用して、
販促をしたいというクライアント様についての打合せ。
このサービスを提供している会社のK社長と知り合ったのは、
2001年、東京オフィスを開設した年だった。
飛び込みでK社長の会社に伺ったのがきっかけだった。
その頃はK社長の会社のオフィスもそれほど大きなオフィスではなかったけど、
今や・・・。
今年はとにかく話が大きすぎて、
人的にも資金的にもBWだけでは対応しきれないことが多いです・・・。
まだまだどうなるかは分かりませんが、この案件はかなり面白そうです。

その後、BWの新サービスを提案するためにクライアント先に。
BWをご紹介頂いた会社の方から僕個人のご指名とあって、
ちょっとプレッシャーを感じての訪問です。
ということで、結局2時間もお時間を頂き、爆裂トーク・・・。
かなり突っ込んだところまでお話が聞けて、
非常に良い提案ができそうです。
僕でなくても誰かを指名というからには、
それなりの理由があります(決して僕が可愛いからとかではないですね、この場合・・・)。
なぜBWをご紹介して頂けたのか?
なぜ自分なのか?
他社にはない、あるいは他の人には無いモノを自分が経験として持っているか、
才能として持っているか、何か必ずその理由があるはずです。
相手の真意を汲み取ることは難しいですが、
なぜBWなのか?
なぜ自分なのか?
これを理解して行動することが常々重要だと考えています。
この案件はBWの新サービスに興味を持ってくれた、
某外資系の会社の僕の知人が紹介をしてくれたのですが、
その知人からの僕に対しての注文は?
聞かなくても、ちょっと考えれば答えは見えてきますよね。
クライアントの要求は行ってお聞きしなければ分かりませんが、
現状を理解されている方が僕自身に行ってもらいたいというからには
それなりの理由があるはずですよね。

僕に何ができるのか?

今回の打合せの結果、
BWからこのクライアント様に新サービス及び「プラスα」のご提案をさせて頂く機会を頂きました。
僕が知人の期待に応えれるかどうかはこれからの結果次第ですが、
自分の今回のミッションは一先ずクリアーです。

今日の夜は僕が社会人になった時に名刺の渡し方などを教えて頂いた先輩とその奥さんと
会う約束なので、某所へ!
暴力的でなかなかパワフルな方なんです、この方(奥さんの方でなく、旦那さんの方ですよ・・・多分・・・)。
久々にお会いして、長時間頂きました。
色々といつも気にかけて頂き、感謝しております。

いよいよ明日からGWですね。
みなさん十分に注意して良い休みを過してください。


2005年4月27日水曜日

リスク

JR福知山線で25日の朝に脱線事故が発生しました。
沢山の方が命を落とされ、
また負傷者も数百名という大惨事が僕達の非常に身近なところで起こりました。
今の時代、鉄道事故でこんな事態が起こるなどと誰も予想できなかったと思います。
阪神大震災の時もそうだったように、
目の前のことが現実ではなく、
別の世界の出来事のように感じられます。
誰もがなぜ?という気持ちを抱かずにはいられません。
危険を常に予測しておくことは言葉では簡単に言えるのですが、
それを耳にする人(聞く人)全員が、
危険に常に備えるための注意を払っているかと言うとそうではないと思います。
一瞬のスキや油断を突いて、
信じられない出来事はやってきます。

ビジネスの世界でも、昨日までは平穏だった日々が、
突然、天と地がひっくり返るぐらいの事態が起こることも多々あります。
まずはそうならないように常に対策を練っておくことが重要だし、
何かあった時にはこうしなければならないという意識を各自が持ち、
対応策を準備しておくことが重要なのだと思います。

会社やその周りで何気に言われていることに、
もっと耳を傾け、周りの出来事を他人事ではなく、
常に自分に置きかえてみてください。
もし自分だったら・・・。
今、みなさんの周りにある危機を再認識してみてください。

信用を築くのはとても長い時間が掛かりますが、
信用を失うのは一瞬です。
もし信用を失ったとしたら、
どうやってそれを取り戻すことができるのでしょうか?
そう考えると信用を失わないようにすることの方を選びたくなりますよね。

肝に銘じて!


2005年4月26日火曜日

咆える!

今日は朝から定例の大阪営業会議。
スケジュールが詰まっているため、
いつもより早く切り上げる。
新規案件へのアプローチ方法の打合わせ。

その後、インターネットビジネスを早くから一緒に模索してきた某社のH社長と
久々にお会いする。
今ほどインターネットビジネスがビジネスとして成り立っていなかった頃、
というかビジネス以前に技術者さえもあまりいなかった頃に、
二人でインターネットの可能性に胸躍らせて、
夢と希望を語り合ったのを思い出す。
ネットバブルが到来する少し前のことである。
一緒に企画をしたり、システム開発をしたりして、
まだまだインターネットの可能性に疑問を持たれているクライアント様に、
その将来性を熱く説明し、
二人で猛アタックをしていた。
また毎週土曜日にはお昼ご飯を必ず一緒に食べながら、
これまたネットの可能性やら企画やらを何時間も語り合っていた。
そのため、二人の関係が変な関係ではないかと噂されたこともあった。
もちろん健全なお付き合いです!
久々にH社長に会って、
やはり勉強させられることが多く、
BWでもやらなければならない基本的なことが、
できていないことに気付かされた。
がんばらねば!

会社に戻って、共同で新規プロジェクトを立ち上げ中の某社のM社長と昼食。
ちょっとコッテリ系が食べたくて中華料理を食べに、「珉々」へ。
酢豚定食。たまに食べるとうまいのね~。
このプロジェクトは今年に入ってから準備をして、
もうすぐスタートするのだが、
将来に向けて非常に可能性を秘めているので、
是が非でも良い結果を出したいと思う。
お互いに気持ちと役割を再確認。
ちなみに、M社長も酢豚定食である。

その後、社内プレゼン。
クライアントにプレゼンする前段階のプレゼンであるが、
どうもしっくりと来ない部分あり。
このプロジェクトはクライアントとの共同プロジェクトであり、
BWにとっても非常に将来性のある仕事である。
社内会議や社内プレゼンは馴れ合い的になる時があるが、
僕としては常にガチンコ会議をして欲しいと思う。
厳しい意見や批判もあって、
さらに議論を重ねることにより、
思いが一致し、プロジェクトとしての一体感が出てくる。
叩いて、叩いて出来上がったモノは思いが詰まっており、
だからこそユーザーを引き付けられるのだと思う。
コミュニケーションは良いことばかりを言い合うのではなく、
時には厳しい意見を言い合って、始めてお互いのことが認識できるのだと思う。
プロジェクトへの思いが強ければ、遠慮なくどんどん意見が出てくるはずである。
だから僕は咆えます!
僕が咆えている時は、
「ああ、それだけ思いが強いんだな」と思ってもらえると助かります。
自己防衛的ですいません・・・。

でも以前、恵比寿の焼き鳥屋で某社の社長と周りが振り向くぐらいの
熱い(咆えまくり)議論をしたことがありました。
僕の黄金の右手がしっかりと拳を握るほどのバトルでした。
その議論の後、二人の絆はとても固いものとなりました。
なんか言いたいことなどをはっきりと言えて、とてもスッキリとしました。
もちろん今でも信頼できる僕のパートナーです。

良い関係を作るには?
良いモノを作るには?
思いをぶつけ合い、互いの話を良く聞くこと。
その時に「論点」をぼかさない事が大事です!

今日の夜は僕が10年以上も前からお世話になっている某社の会長に親睦会に
招待して頂いているので、大急ぎで会場へ。
そこで懐かしい顔に会う。
僕が起業する前にお世話になっていたM氏も会場に来ていた。
僕はM氏をすぐに認識できたのだが、
M氏は僕が挨拶をして、目の前に来ても僕が誰か分からない様子。
招待客に手渡される首から掛けるプレートの僕の名前を見て、
目を見開いて驚いていた。
「大きくなって~、幅も出たね~」。
僕ってそこまで変わったのだろうか・・・。
目の前に来ても分からないなんて・・・。
親睦会が終わって僕はある決意をしました。
僕、運動します!
ランニングでも水泳でもジムでも、
なんでも良いので運動します!
運動不足はゴルフをしていても明らかに分かるので。
これが良いというのがあれば教えてください。
それと一緒に運動してくれる方、募集です。
一人だと続かないんだな~。
甘い!


2005年4月21日木曜日

予算がない!

某社の社長来社。
朝から面白いビジネスの話を頂く。

その後、外出して某社の会長と昼食。
先を見据えたサービス展開を一緒に考えることにお互いに納得。
うまく纏まれば面白いものができる予感あり。

大阪から今日は新規案件の打合せのために、
スタッフがくるので一旦オフィスに戻る。
その後、パートナー会社へ。
そこで一言。
「クライアントが必要としているならば、
とにかくサービスを提供することが先決ですよね」と僕。
自分で言っておきながらいつも納得する言葉である。
必要なものを予算内で作るのが我々の仕事ではあるのだが、
時には予算が足りない時がある。
だから出来ませんでは、お話にならないと思う。
それを何とかしていくのが「ソリューション」ですよね。
がんばります!
でもどこかで採算とれないと駄目ですけど・・・。
これ本音ですね。
見極めが大事です。


2005年4月20日水曜日

気合いだー

ゾクゾクしますね。
寒気ではないですよー。
今日は「気」を感じれたので、
ゾクゾクしたのです。

仕事を進める上では「議論」は必ず必要です。
良い結果を導き出すために、
質のいい「議論」は人を大きく成長させます。
結果は大事ですが、
そこへ向かうプロセスが更に重要だと思います。
社内だけでなくパートナーやクライアントとの間でも、
価値ある「議論」はワクワクします。
個人のプライドや会社としてのプライド、
プロ意識、負けたくない!、これは譲れない!、
良いモノを作る!など、
色んな思いがあると思いますが、
「議論」の中で交わされるそれぞれの主張はその個人の根本にある強い思い、
自分自身が何を目指しているのかということが
大きく影響してくるような気がします。

自分自身を成長させること、
あるいは人生を楽しくする方法は、
「自分がどうなりたいのか」というビジョンを持つことのような気がします。
根本に個人の強い思いや目標があれば
それがあらゆる局面でその人に主張させるようになります。
仕事の中で今以上に飛躍的に自分を成長させたいのであれば、
自分の人生の目標を持つことだと僕は思います。
遥か先でなく、10年先の自分を想像してみてください。
何が見えるでしょうか?

それがぼんやりとでも見えた時、
ほんの少しだけ人生の迷いが消えるような気がします。
もちろん仕事への取り組み方も変わると思います。
迷いがある方は、もう一歩踏み出してみましょうよ。
ほんのちょっと決断するだけで、
物事はかなり動くものですよ。

10年後の自分を想像しながら眠るとしませう・・・。


回想録3:そして誰もいなくなった・・・その先にあるもの

まさか全員抜けていくとは・・・。
有限会社の時から一緒に会社作りをしてくれていたスタッフ達だっただけに、
精神的にキツカッタ・・・。
その時のメンバー構成は何故か全員女性だったのだが、
新しく入れたスタッフも2週間ほどで辞めると言い出すし、
知人に声もかけてみたけれど、
社内の状況を説明するとやっぱり断られるという状況だった。
その時のBWは社内管理どころか、
出勤時間もめちゃくちゃになっていた。
原因は会社の方向性や内部規定を決めれていないことから、
個人のモラルやモチベーションに依存する部分が多く、
徐々に会社に対する不満が蓄積されていったのだと思う。
僕なりにコミュニケーションをとっていたのだが、
全く足りていなかったのだ。
それでも仕事を中断してクライアントにご迷惑をかける訳にはいかないので、
必死で人材集めに奔走した。
結局、スタッフとして残ったのは契約社員としてWebデザインを担当してくれていた
女性スタッフの1名だけだった。

僕としてはスタッフが辞めるというのは、
当然これまでにも経験をしていたのだが、
この事態が起こるまで、自分の失敗に気づいていなかった。
組織作りをしたことのない僕はこの時まで、
「組織」という概念があまりなかったような気がする。
初期のBWにはアットホームで楽しく仕事ができて、
みんなが自分の好きなようにできればそれが一番なのだというような
考えがあったと思う。
でもある程度の規模まではそれが通用しても、
どこかのタイミングでケジメが必要となる。
つまり会社としてのルールが必要となってくるのだ。

会社は生きていて、成長するものであり、
素直な時もあれば、グレて暴れまくる時もある。
あるいは病気になる時もある。
常に人に置きかえて考えることが、
的を得ている。この考え方は大事なことなんだと今は思う。
この事態を収拾している時は、こんなことを考える余裕など当然なく、
自分が自分であり続けるために、
必死で踏ん張るしかなかった。
こういう問題を一つ一つ頭を抱えながらクリアーしていって、
今日でも存続しているからこそ、
「あの時は・・・」と語れるのだとしみじみ思う。

今日のことも、「あの時は・・・」と未来の僕に語ってもらえるように、
今の僕はがんばります。

「あの時」契約で残ってくれた女性スタッフは、
正社員となり、その後の混乱を僕と一緒に背負って頑張ってくれました。
彼女は社内結婚をして既に退職はしていますが、
旦那さんの方はもちろん今でもBWでがんばっています。
「かわいい奥さん」をもらってからというもの、
旦那さんは夜の飲み会も減らし、日々仕事に全身全霊を打ち込み、
仕事が終わればもちろん猛スピードで家に・・・帰っているはず・・・です。

ここに幸あり!

2005年4月18日月曜日

直感

ビジネスにおいて直感は非常に重要だと思う。
「イケる!」・「あっ、あかんわこれ!」という直感を僕は大事にしている。
今日はその感覚でも「イケる!」という方だった。
先日、友人に紹介をしてもらった某社の若きW社長。
なんとも言えない安定感と可能性を秘めていると感じた。
スピード重視の動きで速攻でアプローチをしてみると、見事に的中だった。
これから一緒に良い仕事ができそうだ。
突然のアポにも関わらずしっかりと時間をとってもらって、
夕食まで付き合ってくれた。
そこでの話題で意気投合して、移動した先は西麻布。
僕の家の近くにこんなお店があったなんて!

この先も書きたいのだが、眠すぎる・・・。
ご勘弁を。

おやすみなさい・・・

2005年4月17日日曜日

おめでとうございます!

いやーやりましたねー横峯さくら!
女子ゴルフのライフカードレディースでプロ初優勝。
昨日の僕の優勝(?)に続いてくれて非常にうれしいです!
(全然関係ないですけど・・・)
というのも弊社のクライアント様が彼女のスポンサーなのです。
もちろん良い影響が出ますので、彼女にとってもスポンサー企業にとっても、
喜ばしいことです。この調子でどんどん勝って欲しいと思います。
宮里藍との今後の戦いは、今以上に女子ゴルフをエキサイティングにしてくれると思います。

僕のゴルフもある意味エキサイティングです。


2005年4月16日土曜日

ゴルフっていいですね~

ナイスショット!

今日は某社のT社長と、
ん?これまた某社のT社長だ・・・と、
BWのドラコンキングである営業部のKリーダーとで、
ゴルフに行ってきました。
いやー天気も良くて、非常に良い1日でした。
というのも・・・僕が優勝したからです・・・はい。

今日はアイアン、パットとも調子は最悪でしたが、
ティーショットがなかなか気持ち良く飛んでくれていたので、
なんとか逃げ切れたという感じですが、やはり気持ちいい~。
某社のT社長とは一緒にプレーするときはお互いに勝負を意識してプレーしている。
午前中は僕の勝利だったのですが、
午後からの勝負では最終ホールまで同スコア。
最終ホールのティーショットは僕が引っ掛けて林の中に・・・、
OBだ・・・ショック・・・負けた・・・と思った。
打ち直しのボールは池の中に・・・最後にボロボロか・・・。
っと思ったら、なんと最初に打ったボールが何故か林から出ていてフェアウェイに!
ミラクルだ!
あるはずのないところにボールが・・・うぅ、うれしい~。
全員の目が僕に。
彼らから祝福の言葉を頂く。
「林の中に誰かアルバイトで忍ばせておいて、ボール投げさしたんとちゃうか?」

僕:「んなこと出来る訳あらへんがな、ガッハッハ!」

いやーホントにラッキーだ。
最終ホールはロングのパー5だ。
すっかり気分をよくした僕が2打目、3打目を確実に打ちナイスオン!
結局パーであがって優勝です。
Kリーダーは常にドライバーの飛距離で僕にライバル意識を燃やしていると、
密かに僕は思っている。
今日は僕の「口撃」で撃沈してました。
まだまだ精神修行が足りないようです。

毎年、年に2、3回ですが、ブレイン杯というゴルフコンペをしてるんですが、
今年は申し訳ないですが、僕、最低1回は優勝狙ってますんで、よろしく!

でも今日はホントに天気も良く、気持ちの良い1日でした。
もちろんコテコテの仕事の話もありましたが、
こちらは・・・大きすぎる・・・BWのキャパ超えてます・・・OBです。
っと思ったのですが、
T社長曰く、「できるところだけでも良いのでやってください」とのこと。
今日はホントに良い日でした。

感謝!

2005年4月15日金曜日

回想録2:ネットバブルってか!

ティッピングエリアで僕がやろうとしていたことは、
今でも実は規模を変えてずっと継続してやってきていて、
大阪本社のビルにはBWと取引のある会社がテナントとして入っています。
テナントが空くと僕は密にお取引をしている、
開発会社や企画・デザイン会社に声をかけて、
引越しを進めたり、
新しい会社を設立する際に、テナントとして借りたりしています。
今は3Fが1フロアー空いたのですが、
既にBWの取引先や僕の知り合いに声をかけて、
引越しと事業所の拡張を検討していただいています。
こんな感じなので、時々というか頻繁に、
不動産屋さんと間違われています。
今は小さなことをコツコツと積み上げているところです。
実はこのティッピングエリアというプロジェクトですが、
その先に僕なりに描いている夢があるので、
可能な限り多くの賛同者を得て、少しずつでもいいので、
そのエリアを拡大していきたいと思っています。

ネットバブルと呼ばれた時代は1998年ごろからだっただろうか。
僕が起業して間もなくバブルがやってくることになるのだが、
僕が世の中の異常さを認識できたのは、
1999年、有限会社から株式会社に組織変更をしてオフィスの移転をした頃だったかと思う。
BWにはソリューション事業部とデータデザイン事業部という2つの事業部があった。
Webの企画やデザイン、開発をしていたのはソリューション事業部だったが、
スタッフは1名しかいなかった。
つまり僕一人である。
残りのスタッフは多いときで5~6名ほどだったと思うが、
データデザイン事業部に所属しながら、
企画やデザインの仕事をしてくれていた。
データデザイン事業部は紙媒体のデータをデータベース化するために、
データを入力したり、クライアントが会議に使うマーケティング資料などの作成を代行したりする事業部で、
その当時はかなりの収益を上げていた。
ただソリューション事業部というか、開発メンバーがいなかったため、
全て外部に委託していたのでトラブルも多かった。

この頃は誰もがドットコムビジネスを追いかけていた。
1日何件もの企画を持ち込まれて、
「いずれ上場するので開発費用の支払いはその時に!」とかなんとか言われたり、
「上場したいので、企画をして欲しい!」とか言われたり・・・。
VCも何故かBWにやって来て、「投資します!」とか言ってくれてました。
僕は思わず「何に投資するんですか?」と聞いてしまいました。
確か答えは「あなたの未来に!」だったと思います。
本当にこんな感じだったんですよ。

その当時の僕は投資も何も考えておらず、
また東京に本社のあるクライアント様のコンサルもしていたこともあり、
頻繁に東京にも行っていましたので、日々の仕事で精一杯でした。
こんな状況だったので、起こるべくして起こった事件がありました。
僕自身が抱えている仕事のボリュームが多すぎて、
社内のスタッフの仕事の管理や社内制度などは全く作れずにいたある日、
スタッフ全員が辞めるという事態に陥りました・・・。
以前、体調を崩して入院した時に、
スタッフがいなくなったことがあったのですが、
それはそれで大変だったのですが、
今度はちょっと規模も大きくなり仕事のボリュームも増えていたので、
一大事でした。
「世の中はネットバブルで花火が上がってるのに、
なんで僕んところはこうなるの?」
ってちょっと落ち込んでいた時期が僕のネットバブルの最盛期でした。

しょぼいぜ!

2005年4月12日火曜日

早っ!

9:30から新規プロジェクトに関する社内会議。
周りくどいのやめて、直球勝負で行きましょう!
全員一致でスッキリです。

その後、BWから企画提案中のクライアント様が
弊社の会社見学にこられ、そのまま打合せに。
現時点での問題点などを再確認させて頂き、
非常に参考になる意見を聞かせて頂いた。
それと同時にこのビジネスの将来性を感じた。
ここでは言えませんが、
ある事柄がこのプロジェクトを大きく成功に導く可能性もあり、
僕としては是非やってみたいと改めて思った。
ちなみに「ある事柄」は僕ではどうしようもないことで、
またクライアント様にもどうすることもできません。
でも、もし「ある事柄」が達成されたならばという、
宝くじ的(確率はもっといいはずです!)要素も加わり、
新しい企画を思いつきました。
僕としてももかなり気合いの入るプロジェクトとなりそうです。

お昼ご飯を食べ損ねたまま、
進行中のプロジェクトの打合せのため外出。
ぐ~っ・・・。
お腹すいた・・・。
共同でプロジェクトを進めている某社で打合せ後、
色々とお話をしている中で、
BWが持っているソリューションが結構利用していただけることが判明。
気分を良くして、ちょっと遅めの昼食に。
チャーハンとラーメンのセットを注文。
この組み合わせって太るような~・・・。

この後、某社からの依頼事項を早速社内で打合せ。
メディアデザインチーム(MD)のフロアーに。
なんと!
希望しているサービスが目の前にどんどん出てくるではありませんか・・・。
驚愕!
ちょっとオーバーですが、準備の良さに驚きました。
営業部から話が回っていたようで、
僕がMDに行ったときにはデモが出来ていました。
今期はスピード重視なのですが、
これは早すぎです。
営業部ついていけるのか?

あっ、営業部の人材募集しますんで、
「BWの営業部の部長になってやる!」という勇気ある方、
「営業部で稼いでやる!」というガッツのある方、
お待ちしています!

ブレインウェーブ採用サイトはこちらから

今日の夜はクライアント様との親睦会。
非常に楽しい会となりました。
まだプロモーションをしていませんが、
新規でECサイトを構築させて頂きました。
プロジェクトが終了した後の、
プロジェクトチームやクライアント様との打ち上げは
なんかいいですよね~。

どんどんプロジェクト立ち上げて、
どんどんプロジェクト終了させて、
おもいっきり気持ちいい~打ち上げもどんどんやりたいですね。
もちろん利益も上げないとだめですよね。

ということで、やっぱり営業の人材募集です!
是非!

2005年4月11日月曜日

第9期 上期方針説明会&決起会!

第9期の上期の会社方針説明会を行いました。
半期ごとに各チームから目標を発表して、
それに向かっての戦略を説明するのですが、
今期は大きな組織変更もあり、
その変更が結果としてどう出てくれるのか楽しみです。
もちろん前期予算の達成、未達成があり、
それぞれの気持ちも浮き沈みがあるかと思いますが、
新たな気持ちで新期をスタートして欲しいと思います。

今期は新しく今までにないような形態の社内プロジェクトも
スタートさせましたので、
半年後にこのプロジェクトがどうなっているかも僕としては
とても興味深いものがあります。

桜咲く穏やかな春ですが、
BWは戦闘モードです!

今期も新しい人材との出会い、
新しいクライアントとの出会いに胸ふくらませ、
来年のBWに花を贈れるようにがんばりたいと思います。

方針説明会後、恒例の決起会!
全社員が今期の思いを胸に秘め、
宴会に突入!
いやー凄まじい・・・。
このパワーがBWを支えているのだと改めて実感する。
自虐ネタで自らを奮い立たせる某リーダーも・・・。
恐ろしく酒を飲みまくるスタッフも・・・。
前期、不発に終わった某リーダーが1次会終了後に僕の手を握り、
「見ててください!」と力強い言葉を言ってくれたこと、忘れません!
前期に各チームに入ってきた新しいスタッフからも意気込みを聞けて、
僕もみんなからパワーを貰いました。
今期は新しいことへの挑戦の年です。
とにかくスピードとチームワークを今まで以上に重視して、
突っ走りたいと思いますので、よろしくお願いします。

2005年4月10日日曜日

桜の木の下で・・・つづきです。

花見を終えて、
渋滞の中で今日は外食ということになり、
家族でミナミの街に行くことに。
なんとなくあまりお腹が空いてないと奥さんが言うので、
軽くお蕎麦を食べることに。
ところが・・・。
いざ注文となると「そばしゃぶ」に。
結構なボリュームです・・・。
食べ初めて20~30分ごろ携帯が鳴る。
某社の社長からだ。

「もしもし今何してますか?」

僕:「家族団欒でゆっくり飯食ってるよ」

「そうですかー、今取引先の方々と花見終えて梅田にいるんですけど、
合流して良いですか?」

僕:「(家族団欒やっちゅうとんねん!とは言えず)あっ、ホンマに、
ご飯食べたの?」

「私はご飯は食べたので、お風呂にでも行きましょうよ!」

僕:「(家族団欒やっちゅうとんねん!とは言えず)家族でご飯食べてるから、
その後で良ければ・・・」

「今からミナミに行きますんで、店の近くで電話します!」

僕:「(家族団欒やっちゅうとんねん!とは言えず)・・・」

これぐらいの押しがなければ良い仕事はできないんだな・・・。
結局、家族団欒の夕食に乱入してきた某社の社長が見守る中、
食事を無事に終えて、
奥さんと娘を家に送ってから、世界の大温泉「スパワールド」へ。

何だかんだ言ってもやっぱりお風呂はイイ!
ゆっくり風呂に入りながら、色々と打合せをして、
その後、マッサージへ。
二人とも「おもいっきりコース」で2時間たっぷりマッサージ。
僕はやっぱり夢の中・・・。
気がつけばマッサージが終わっていて、何が何やらまったく。
まあ良い一日でした。
午前1:30ごろ帰宅です。

今日は一日寝てた気がするけど、
まだまだ寝れそうです。


2005年4月9日土曜日

桜の木の下で

桜満開!
何年ぶりというか、
最後にいつ花見に行ったかも思い出せませんが、
家族で花見に行ってきました。
奈良公園で桜を眺めながら鹿と戯れる。
いやー春ですねー。
というのは理想的な花見のスタイルで、
僕の場合は桜の木の下でひたすら寝る花見。
お昼ご飯を食べている記憶を最後に僕は・・・。
目が覚めるとなんと17:00過ぎ。
うそっ!
奥さんと娘が遊んでいる姿が見える。
いやー来て良かった。
「おーい、帰るぞー」と僕。

サクラ咲く、平和な日々が続きますように。


2005年4月8日金曜日

解決しました

日付の問題は全然問題なく解決しました。
今後は内容とアップデートの日付を合わせるように心がけますので、
ご意見をくれた方、しっかりと僕を追跡してください。
なるべく先の予定を書かないようにしようかな~。


ブログの日付

ブログが新しくなっていつも細かいところまで見てくれている方から、
意見を頂きました。
「見やすくなりましたね。でも以前から日付が・・・」
僕の場合は基本的にはその日の出来事などを書くようにしているので、
ブログに表示されているアップされた日付と、
内容に1日のズレが生じてしまう。
もっとズレが出てるときもありますが・・・。
そこを指摘して頂きました。
意見をくれた方曰く、
僕のいつの行動なのかをちゃんと把握したいとのこと。
コワイ・・・って言うのは嘘です。
ブログの使い方は色々とありますね。

ブログのサービスを提供していく上で、
このようなご意見はありがたいです。
今後もよろしくお願いします。


2005年4月7日木曜日

あの人は今?

今日の東京は桜もガンガン咲き乱れ、
気温も高くなんか公園のベンチにでも座って
花見でもという感じの日です。

AM9:00から東京での定例会議。
今期中のやるべき事の再確認。
やはり人材重視の一年になりそうです。
特に4月に設立されたB社の人材が早急に必要だ。

その後、渋谷に出てから高田馬場へ。
某社の社長と新規プロジェクトの打合せ。
僕としても新規参入(?)に近い感じのプロジェクトではあるが、
良い感じで話が進む。

昼食後、オフィスに戻りモバイル関連の打合せ。
以前から知り合いだった某社の社長とちょっとした(?)共通のトラブルが
キッカケになって一緒に仕事をすることになった。
それまでは顔見知りという程度のお付き合いだったのですが、
トラブルが原因で良いご縁を頂きました。
やはりピンチの後にチャンスあり!

今日は動く!
ふと思うことがあり、久々に某社の社長へ電話を。
先方は「会議が・・・」とのことだったのですが、
それまでの時間を「頂戴!」と言って、
強引に押しかける。
靖国神社の近くにある会社で、市ヶ谷駅より歩く。
これが結構距離があるんだ。
でも延々と続く桜の木の下を歩く僕は気分爽快!
某社に到着。
以前に事務所を移転する案内を貰っていたのだが、
なかなか伺うことができなかった。
スゴイ!
2年近く会ってなかったのだが、
事務所も凄くなりましたが、業務内容が・・・。
以前は開発会社だったのだが、
今は全く開発をせず、1年前から自社のモバイルコンテンツだけを企画・運営して、
収益を上げているとのこと。
その伸び率を聞かせて頂いて、目が落ちそうになった(古い表現かな~)。
信じられないです・・・。
でも「1年で会社がこんなに変革できるのか?」という問いに、
「ゼロから作り直しましたよ」とのこと。
もちろんそれまでに新規ビジネスへのノウハウを持ってはいただろうが、
思い切りが良いというか、僕もかなりの刺激を受けた。
ただ想像し難い苦労はもちろんあったとのことですが、
「運が良かったのだ」とのことです。
「運が良い」と言うのは「努力した・がんばった」と解釈してます。
無理やり押しかけて、
良い話を聞かせて頂いて、このまま何もせずに帰るのは忍びないので、
めちゃくちゃ我侭言って帰ってきました。
結果が楽しみ。
僕は自分で宝くじを作って楽しむ趣味があります。
あれ?
本来の目的は何だったけ?
そうそう、実はちょっとした情報が欲しかったので、
それを聞きに伺ったのでしたが、
電話で済まさなくて良かったです。
もちろん欲しかった情報も聞かせて頂きました。

更に気分が良くなって、次の目的地へ移動。
4年ほど会っていない某社のM社長に夕食をご馳走になるために新宿へ。
お互いの姿を見て、びっくり!
「園田、ええおっさんなったなあ~、太ったな~、お前誰や?」
会ってそうそう滅多打ち・・・。
もちろん言い返す。
4年ぶりの再会で話は尽きず、夕食後に高級感のあるお店に。
ここでもお互いの会社のことプライベートのことを延々と語る。
非常に良いお話を聞かせて頂いた。

何年かぶりに再会して、
お互いの経験したことを語り合って、
なんかとても不思議な感じがした。
言葉では言い表せないなんとも言えない感じ。
うーん、しかし「おっさん」とはなんちゅう言い方や!
まだまだ若いっちゅうねん!


2005年4月5日火曜日

回想録1:備忘記録だな

タイトルの意味わかります?
最近、ブログが流行ってますが、
なんか難しいですよね。
以前に僕が友人から言われたのは、
「ブログは備忘記録だよ」でした。
確かに・・・。

思い起こせばブログに近いものを書き始めたのは、
2001年4月20日からだ。
この時はまだ独身だった。
初アップが偶然にも奥さんの誕生日!
無理やりなんか縁あり気に・・・。

もう4年前になる。
ちょうど僕がBWの東京オフィスを開設するために、
大阪を離れ、一人で上京をした時からだった。
当時(1999年)は大阪で「ティッピングエリア」というプロジェクトを立ち上げ、
BWのあるエリアにIT関連や協業出来る会社や個人の方にオフィスを
出してもらって、「物理的に近いところで一緒に仕事をして、
効率よく仕事ができるようにしましょう!」
なんてことを言ってました。
何人か志ある方には共感して頂き、
ご協力をして頂きもしたのですが、
あまりにも壮大な街づくりだったので、
当然、その時の僕にはなんの力もなく実現はしませんでした。
Web上だけでもその企画を実現するためにポータルサイトを作ったこともありました。
TippingArea(ティッピングエリア=TA)とは新たなトレンドや、
新しいビジネスを創造するサイトであり、
様々な交流を実現するための「コミュニティーサイト」
という位置付けで
BWで運用していました。
そもそも「ティッピングエリア」って何?
ということになると思いますが、
当時一緒に仕事をしていた某社の社長が教えてくれた言葉で、
「ティッピングポイント」という言葉があった。
「ティッピングポイント」とは、
「流行にはティッピングポイントと呼ばれる起点となるある1つのポイントが必ずあって、
そのポイントが大きな成長へのターニングポイントだ」
ということであった。
これを自分なりに解釈して、「ティッピングエリア」という言葉を造った。
つまりこの場所(街)に来て活動することが、
個人であれ会社であれ大きなターニングポイントとなるような、
「場」を作ろうとしていたのだ。
これは僕自身が求めていたことかもしれません。
正直なところBWがこの先も生き残るために、
このようなプロジェクトが必要であったという自己中心的な活動でもあったような気がする。
ただ言えることはBWやもしくはその周りの会社が大きくなり、
資本関係があろうが、業務提携があろうが、
何らかの信頼関係で共に仕事ができる、
大きなグループを形成することができれば、
必ず良いシナジーが生まれるとも考えていたので、
あながち自己中でもなかったかなと僕なりに納得している。

久々に日々の出来事から離れて、
「備忘記録+回想録」としてブログを書きたいと思います。
今これを書くことが数年後の僕にとってやはり貴重な資産(記憶)となっていることを期待して・・・。


新「雲上の万歩計」

今日から僕のブログも刷新してもらいました。
BWが提供するMovableTypeを利用したサイトとなりました。
今後の弊社のWebサイトでの提案で、
このMovableTypeのカスタマイズサービスを盛り込んでの提案も可能となりました。
BWサイトもどんどん新しい技術やサービスを利用して、
みなさんの参考になるようなサイト作りを心がけてゆきたいと思います。
これからもよろしくお願いします。、