2004年11月10日水曜日

運命の日?

今日は朝一で某社とちょっと大きいプロジェクトの打合せ。
明日は本番のプレゼンなのでその前打合せである。
短時間ではあったが、両社で考え方を一致させる良い時間になった。


その後、12月~1月にスタートできる仕事を探しに外出。
ちょっと収穫あり。
会社に戻ると面白そうなセミナーの案内が来ていたので、
久々にセミナーに出てみようとWebから申し込み。


夕方に東京から某社のA社長の来社。
提案中の案件について少し打合せ。
今日は彼にとっては非常に重要な夜となるだろう。


夜はA社長ともう1名、某社の社長と3人で会食。
今後の各社の事業展開などについての打合せ。

人には人生を大きく変える出会いというものがあると思う。
僕は多くの出会いの中から多くのチャンスを頂いた。
もちろん形にできたものもあるが、失敗したのもある。
ただチャンスの中でもこれは失敗してはならないチャンスというものが
あるような気もする。
これを逃すと、ビジネスでは大きな軌道修正を強いられる結果を招くことが
多いのではないだろうか?
このチャンスは頻繁に来るものではない。
忍耐と努力がなければ訪れないチャンスである。
「忍耐は成功の必須条件」というのが僕の考えである。
勝手な僕の考えではあるが、A社長は今日の夜を迎えるのに3年間を費やした。
是非、このチャンスを「自分は幸運だった」と言えるようなチャンスにして欲しいと思う。
がんばってるけど、そんなチャンスに出会えないという方は、
一度、自分の足元を探してみては如何でしょうか?
結構、転がっていたりするものですよ。