2004年11月20日土曜日

いんぐりっしゅ

東京オフィスに韓国のITベンチャーの会社の社長他、役員の方々が来られた。
社長は23歳。一緒に来た役員の方、スタッフの方の年齢はそれぞれ24歳と21歳(現在、大学休学中)。
彼らの日本法人のT社長は24歳の日本人。
なんとまあお若いこと・・・。
日本でビジネス展開をするためパートナーとして協力を依頼されたのだが、
果たして僕やBWがどこまでお役に立てるのか・・・。
どうしてこうなったかと言うと、
もともとT社長と僕の共通の知人の紹介で両社で何か一緒にできれば良いですねーみたいな
感じだったのです。ちょうど僕も韓国に行ったりしていたので・・・。
それが急展開でこんな感じで動こうとは思いませんでした。

打合せ内容はもちろん英語です。
みなさん英語でペラペラとお喋りになられ、
21歳の韓国人のスタッフの方が通訳をしてくれた。
T社長は確か英語は話せないと言っていた筈だが、
何故か英語を喋っている・・・。
能ある鷹は爪を隠すのねやっぱり・・・。
日本語が堪能で英語も堪能で、もちろん韓国語も喋れる21歳、尚且つエンジニア。
アメリカ人のCOOの方は英語に中国語、尚且つエンジニア。
僕も沈黙を破り負けずに隠していた爪を見せる時が。
関西弁で爆裂トーク・・・。
マイッタな~・・・。
なんか英語にコンプレックスがあるんだな~僕。
東京に来てからビジネスの中で英語で会話する場面に結構出くわす。
もちろん通訳がいてくれますので僕がペラペラ喋るわけではありません。
でも自分の思いを自分の言葉で伝えることができれば、やっぱり面白いでしょうね。
またもや駅前留学を考えてしまった僕でした。
がんばれ日本!