2004年6月22日火曜日

「月心」

2004年6月22日
ない!ない!ない!万歩計が・・・。
ん?
昨晩の記憶もない・・・。

昨晩は友人でもありビジネスパートナーでもある、
Yと久々に2人で夕食に出かけた。
2人で食事に行くときはいつも大人数になるのだが、
この日は珍しく2人であった。
Yとは僕が東京に出てすぐの頃に、某社のシステム開発のプロジェクトで知り合いになり、
それ以来の付き合いである。
Yは東京生まれの東京育ちで、年は僕と同じ年なのであるが、世界中を旅しており、
どこでどんな話が出ても、その話題に関してびっくりするぐらい細かい説明をしてくれる。
この男の豊富な経験に、いつも僕は驚きを隠せないでいる。
僕の影響なのか、時々ではあるが変な関西弁を喋るようになった。
「なんでやねん!」・「そんなアホな!」などなどである。
今年、僕もYも36歳であるが、時々僕はYが年を偽っているのではないかと思うときさえあるほどだ。
日本だけでなくアジアやヨーロッパ、アフリカの話題さえも出てくる。
なんとこの男、信じられないことにシステムの技術に精通しているのはもちろんのこと、
一級建築士でもあり、保有している資格は40ほどあるという。
極めつけは海の底や船底を修理する溶接の資格なんかも持っているらしい。
同年代ですごい奴がいるもんだといつも感心させられる。
この日は青山にて食事をしたのだが、料理の美味さもあり、
ビールの後に麦焼酎をロックで少々頂いた。しかしこれが失敗だった・・・。
この焼酎は「月心」とか言ったと思うのだが、
いつも僕のお世話をしてくれるT君に、美味しい焼酎だから是非呑んでみて下さいと
勧められ、ついつい飲んでしまった。
僕が焼酎を飲んで「うまい!」と思うのは珍しい。
この日はこの「月心」が良く効いて、
お店を出た後のことをあまり覚えていなかったりするわけで・・・。
とにかく眠く、マンションに帰った後は即行で夢の中へ・・・のはず。
翌朝、起きてシャワーを浴びて、スーツを着て、万歩計をセットしようと思ったところ、
万歩計がないのである。
昨晩、夕食に出るときには間違いなくあった万歩計がどこにもない・・・。
セットして出かけたのは覚えているのだが・・・。
T君にも連絡をしたのだが見つからない。
どうやら落として失くしてしまったようだ。
どうしよう・・・。
ということで、しばらくは万歩計探しです。
はぁ~、なんだか暗い気持ちです・・・。